1976年にPERSON’Sは
生まれました。

1976年、パーソンズは小さな小さな存在でした。自分たちが着たい服や靴を作ろう。原宿に自分たちの店を持とう。まずは自分達が気持ち良く生活できる環境づくり。そんな小さな発想から生まれたパーソンズも現在では、ブランドライセンスにより多くのビジネスパートナーと共に様々なジャンルを生みだし、日本全国から世界各国にまで多くのファンを持つブランドに発展しました。そんな長い歴史を通して私たちはブランドを育てることが大切だとわかりました。パーソンズの基本は変わらずに、パーソンズデザインスタジオでは新たにブランドを軸として多くのブランドを育て、より価値あるブランドに成長させることを考えています。

PERSON'S started out small-very small,back in 1976. when we opened out first shop in Harajuku, we just wanted to make the kind of clothing that we ourselves wanted to wear. We never asked for much more than something that we can live with comfortably. But such personal aspirations gradually became something shared by many throughout Japan, and throughout the world.And by doing branding and licensing business, we have been producing many different kind of things with allies. We finally understood that a establishing brands is very much important throughout such a long history. Now that PERON'S DESIGN STUDIO create many brands based on the PERSON'S world, and then we bring up them more valuable.

ブランドと共に。

PERSON'Sブランドのライセンス化は全てが手探りでした。様々な業種のメーカーや小売店との取り組みを通じ、ライセンスブランドにおける貴重な経験を積むことができました。このノウハウを他のブランドにも活かせたら・・・そしてブランドを専門とする会社として株式会社パーソンズデザインスタジオは生まれました。PERSON’Sをはじめ、様々なブランディングの経験。それが現在の株式会社パーソンズデザインスタジオの根拠であり実績です。

We also started licensing business and it grew into large scale. Then, we decided to divide the license department as an independent company PDS. Fiestly we only managed PERSON'S and now we deal with different kinds of brands.